越佐招魂社祭に出席いたしました

8月16日(日)、新発田市の新発田西公園にて開催された、越佐招魂社祭に参列し、ご英霊に哀悼と感謝の誠を捧げました。


西公園にある納骨堂には太平洋戦争などの戦没者1万4600柱が祀られています。 参列者を代表し、花角知事は「再び戦争の惨禍が繰り返されることのないよう次の世代に戦争の悲惨さと平和の尊さを末永く語り継いでいかなければならない」と述べられました。


越佐招魂社祭は、終戦後から毎年5月に行われてきましたが、今年4月に戦没者遺族の高齢化などにより祭典委員会が解散し、一時は中止が決まりました。 しかし地元の有志が協力して行われることになり、今後は慰霊碑の管理や戦争の記憶を語り継ぐ活動にも取り組むとの事です。私も微力ながら微力ながら尽力させていただく所存でございます。