羽越水害に関する取材を受けました

1967(昭和42)年、8月末に起きた羽越水害に関する取材を受けました。 被害者の遺族として、また政治家の立場から、正直な気持ちと自らの決意をお話しさせていただきました。

災害大国の日本では、地震や台風などの被害が尽きることがありません。

災害時・災害直後は、それぞれが気を引き締め、被災者に心を寄せ支援の輪が広がります。

ただ被災者にとって、インフラが復興し、自らの生活を取り戻そうとしてからの支援こそ必要なのです。

災害を決して風化させないこと、被災者と被災地のために私ができることを、これからもずっと継続していきたいと思います。

*放映が決まりましたら、お知らせさせていただきます。


最新記事

すべて表示

2月定例会が閉会いたしました

3月25日(木)『2月定例会』が閉会致しました。 最終日の本会議では、新年度・令和3年度の当初予算案について採決が行われ、賛成多数で可決されました。 県の新年度予算は、一般会計の総額が過去最大の1兆4074億円と、今年度の当初予算を15%上回り、新型コロナウイルスの感染防止対策と、社会活動の維持に関する事業を柱とし、感染収束後の『アフター・コロナ』を見据えた分散型社会や、デジタル社会、脱炭素社会の

新潟県議会議員

​佐藤純(さとう じゅん)

迅速な決断!果敢に実行!新たな政治を目指す佐藤純

佐藤純後援会事務所
〒950-0165 新潟市江南区西町3丁目3番28-1
電話:025-381-2355 FAX:025-381-2165

​Mail : office@satojun.net

  • Facebook Social Icon

Facebookページ

フォローお願いします!

junchan01.png