福祉保健部長へ要望にいきました

今、新型コロナウイルス感染症は増加傾向にあり、そのことを受け、新潟県看護連盟佐藤会長より、私、政調会長宛てに要望があり、

本日、看護連盟の役員の方々と、看護対策議員連盟渡辺会長と共に、福祉保健部松本部長へ、要望に行きました。

要望1:新型コロナウイルスに感染した患者に対応した、又は対応する可能性が高い看護職一人ひとりに対し、危険手当を支給してほしい。

要望2:看護職が帰宅せずホテル等に宿泊した場合、当該看護職に対し、宿泊費の補助を行っていただきたい。

た、妊娠中の看護職員から、妊婦が肺炎を発症すると重症化する可能性があることから、

コロナウイルス感染患者の看護に不安だという相談が複数届いていることを受け、

『医療機関が妊娠中の看護職員の休業に伴って代替職員を雇用した場合に、その諸経費に対する補助金の支給をお願いしたい』との要望もいたしました。

松本福祉保健部長からは、医療機関の勤務環境の相談や現場の実際の声をあげて欲しいと、力強いお言葉をいただきました。

医療従事者は、自身が感染する、自身が感染の媒介者になるかもしれない不安や恐怖を感じながら、24時間、365日、職務にあたっておられます。

自らの危険を顧みずに業務に従事している看護職の皆様に敬意を表すると共に、一刻も早い感染の収束に向けて、県民一丸となってこの危機を乗り越えて行きましょう。

皆様、引き続きご協力をお願い致します。




新潟県議会議員

​佐藤純(さとう じゅん)

迅速な決断!果敢に実行!新たな政治を目指す佐藤純

佐藤純後援会事務所
〒950-0165 新潟市江南区西町3丁目3番28-1
電話:025-381-2355 FAX:025-381-2165

​Mail : office@satojun.net

  • Facebook Social Icon

Facebookページ

フォローお願いします!

junchan01.png