県議会6月定例会 総務文教委員会

6月23日(火)県議会6月定例会の総務文教委員会において、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの父滋さんが亡くなったことを受け、拉致問題の早期解決に向けての議論を致しました。


政治や行政が解決を先送りにしてきた結果であり、今こそ改めて国民全体が真摯に向き合って気持ちを新たにしないといけないと、反省の意味を込めて発言致しました。


また、県が大学生向け啓発セミナーを実施する取り組みがありますが、それではまだまだ不十分であります。小中学校の教育カリキュラムに入れる必要があるとも強く要望しました。